慰謝料や賠償の算出基準って何?

慰謝料や先方に対しての保証金、またこの他にもさまざまな損害賠償など、加害者が負担しなければならない金額というのはとてもたくさんあります。
もちろん加害者から被害者に対して負担するものとなっているのですが、被害者側としてこのような金額に対して納得がいかないというケースもあります。
そんな中、こうしたさまざまな費用に関して最終的には弁護士に相談した上で示談に持ち込んで行くのが最もベストだと言われているのですが、これは弁護士が法律に基づいて話を進めてくれるというだけではありません。

それ以外にも弁護士に頼むことによるメリットがあります。
そもそも慰謝料や損害賠償などについてどのような計算が行われているかご存知ではない人の方が多いでしょう。
治療費等に関しては明らかに病院で必要となった費用を負担するものになっているのですが、治療費用に関しても、それぞれの保険によって、出される金額などは違っています。
また保険に加入していなかった場合には任意保険での受け取りができませんから自賠責での算出方法によって受け取ることとなってきます。

入院費用だけではなく、その他慰謝料などについても最終的に示談が決定する際の金額というのは様々な算出方法があります。

自賠責が一番低い

交通事故に遭って入院が必要になった場合には、入院費用について1日単位の上限が決められているのですが、これに関して任意保険というのはそれぞれの会社で決めている金額が違っています。
また自賠責でも最高でいくら、と金額が決まっているのですが、このほか、大きな問題になってくるのが休業保証に関してや後遺症認定が行われた際の慰謝料、又は遺失利益などについてとなります。
このような部分について自賠責保険による再生基準が最も低く、次に任意保険での成績順となっています。

しかし前述の通り任意保険の場合にはそれぞれの会社で算出している金額が違っているため、一律ではありません。
例えば自分が加入している保険はとても高い設定になっていても、加害者が加入している保険が低い設定になっていれば低い設定での保証しか受けられなくなってしまいます。
これに対して、弁護士の算出基準というのは非常に高いものとなっていますので、この方法で計算することによって自分自身が受けられるさまざまな保証が大きくなるというわけです。
慰謝料などに関しても様々な部分を考慮しながら考えますので任意保険と弁護士では大きな違いがあります。

任意保険の場合には当然保険会社が出来る限りお金を払いたくないので慰謝料の部分についても、なんだかんだと理由をつけて少ない金額で済ませてもらえるようにうまく言い回してきたりするのですが、弁護士の場合には的確なポイントを突きながら慰謝料の計算をしていきますので、満足できないということがほとんどありません。

自賠責には慰謝料の概念がない

上記のように自賠責保険というのは算出基準が一番低いのですが、そもそも自賠責保険というのは相手との事故でのケースしか保証されません。
そのため自損事故などの場合には一切保証を受けることができません。
また自賠責保険の場合には慰謝料という概念がありませんから、こうした部分について保障されるものはなく例えば、加害者側が任意保険に加入しておらず自賠責のみでの保証となった場合には精神的なダメージなどについて慰謝料請求をするのが難しくなります。

保険という意味ではこのように自賠責のみだと請求するのが難しくなりますが、ここで弁護士がより弁護士の算出基準によって慰謝料を計算することで、加害者側にはしっかりと請求を行うことができます。
また加害者としても支払わなければならないものですから責任逃れをすることはできず、多くの場合で被害者側にこのような部分で慰謝料を含め様々な費用が支払われることとなっています。”

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする