交通事故の慰謝料に相場はあるの?

交通事故で受け取ることができる費用の一つに慰謝料があります。
この慰謝料というのは何を表しているのかというと、事故によって受けた損害の精神的な部分を表しています。
病院にかかった際の治療費や入院費、その他手術費用、そしてお仕事お休みした場合の休業保証などというのはそれぞれの名目で支払われることになっているのですが、精神的な部分が目に見えるものではなく、どれだけ精神的にダメージを受けてしまったのかに関して慰謝料という形で加害者が被害者に対して支払うものとなっています。

そのため交通事故による慰謝料というのは相場がなく、それぞれの事故のケースによって変わってきます。
もちろんここでの慰謝料についてお互いが納得しなければ示談が成立せず長引いてしまうことになるのですが、早く示談を成立させたいからと言って少ない慰謝料で納得してしまうと、その後被害者は自分が損をすることになってしまいます。
早い段階で示談交渉を行ってくる保険会社がほとんどですが、事故後に通院を始めてから3ヶ月または6ヶ月程度で症状固定とし、その段階で示談交渉を行ってきます。

ここで示談交渉に応じてしまい、示談書にサインをしてしまうと今後の保証は一切受けられなくなってしまいます。
もちろんここまでに支払われる保証についてもあまり大きな金額ではありません。
この段階で示談書にサインをしてしまうと当然ながら後遺症認定などで行うことができませんので、後遺症についての慰謝料もなくさらには通院した上で症状固定として処理されてしまいますので、このような怪我についての慰謝料ももちろん受け取ることができなくなってしまいます。

保険会社の言いなりになる必要はない

保険会社は様々な言い回しで早い示談を成立させようとしてくるのですが、例えば3ヶ月程度治療に行っている中で、そろそろ症状固定として示談をしてくださいなどと言われても、保険会社としてはこれを強行する権利も手段もありませんから、自分の中で痛みを感じていれば応じる必要はありません。
症状固定となってしまえばもちろんそれ以上の治療費は支払われませんが、医療機関側に痛みが強く残っていることなどを主張することで、治療期間の延長を行うことができます。

医療機関側としても痛みがあると言っている患者に対して診察や治療を行わないことはできず、治療期間の延長を行ってくれることがあるのですが、中には保険会社からの支払いが遅くなってしまうことを理由に早い段階で症状固定として治療を続けてくれなくなるような医療機関もあります。
このような場合には、すぐさま弁護士に相談し医療機関に対して治療の必要性を訴えていくようにしましょう。

様々な症例などから最終的な慰謝料が算出される。

これまでには非常に多くの交通事故などがありますが、最終的な慰謝料というのは被害者ご本人の症状や精神的なダメージを考慮した上で、さらにこれまでの多くの事例などを参考にしながら決まってくるものとなっています。
被害者がどれだけ精神的なダメージを受けているのかは目に見えないものですから、このような部分で保険会社としてはどうしても被害者の気持ちなどを軽視してしまう傾向となっているのです。

ここでもやはり弁護士の力を借りることによってしっかりと被害者の気持ちを考えながら正当な慰謝料の請求を行ってくれます。
特に後遺症が残らなかった場合などには慰謝料も少なくなりますが、前述の通り治療期間を延長し、最終的に後遺症申請を行い、むち打ちなどでも後遺症を認めてもらうことができれば最終的に受け取ることのできる慰謝料も数倍にまで大きくなりますので、このような部分で損をすることがないように被害者は決して諦めず、徹底的に弁護士とともに毅然とした態度を見せ続けるようにしましょう。
保険会社の言っている内容に打ち負かされてしまう必要はありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする