示談についての基礎知識

交通事故にあって、加害者と被害者側で様々なトラブルなどもありますが、このようなトラブルを経て最終的には示談ということになります。
示談が成立しない交通事故というのはありませんので、どんなに長い時間がかかろうとも最終的には示談が成立します。

しかしこの示談についての基礎知識を持っていなければ、自分自身が損をすることになってしまいますので、きちんと基礎的な部分について学んでおいた方が良いと言えます。

まず保険会社や加害者というのは出来るだけ早い段階で示談にしましょうと言ってくるのですが、これがなぜなのかをご存知の人は少ないと言えます。

示談を成立させれば自分の処分が軽くなるから

加害者側が自分をせかしてくるのは、できるだけお金を支払いたくないと言う理由だけではありません。

当然ながら加害者になってしまうと、警察でも様々な長所などが行われ、最終的には刑事的な処分を受ける人になってしまうのですが、ここにおいて示談が成立しているかしていないかというのは加害者にとって大きなポイントとなってきます。
最終的に刑事的な処分が下される段階で示談が成立していれば、処分が軽くなるために保険会社としても加害者としても、早い段階で示談を成立させましょうと言う意識を持っています。

まずこれを知っておくだけでも、安易に示談には応じてしまうとよくないことがわかるでしょう。
自分たちの処分を軽くするために、どんなに思いやりのある言葉を言っていてもどんなに申し訳なさそうにしていても、最終的には自分の処分を軽くするために加害者側が示談を主張しているに過ぎません。

保証部分を少しでも減らしたい

上でも少し触れましたが、示談が長びけば長引くほど治療費を含め、さまざまな保証部分が大きくなってしまいますので、当然ながらここでもやはり保険会社や加害者としては早く示談にして欲しいと言う思いを持っています。
特に後遺症認定などが行われる前の段階で示談を成立させてしまえば、その後何を言われても応じる必要がないといった意識を持っているため、ある程度通院していて早い段階で示談を申し入れてくるケースがほとんどです。

しかしここで示談に応じてしまえば後遺症が残っていることが分かっても賠償請求をすることができなくなってしまいますので、必ず最終的に後遺症認定についての申請をして適切な検査が行ってから示談の交渉に応じるようにしましょう。
それまでは何を言われても一切示談交渉には応じないという姿勢を貫くことが大切です。

目先の示談金に惑わされないことが大切

上記したような理由やその他にも会社でのメンツがあるなどといった理由から、早い段階で示談を申し入れてくるケースがあるのですが、こちらが示談に応じないと、少々高いと思われるような示談金を目の前にぶら下げて示談を成立させてくださいと言ってくることがあります。
確かに目の前に大金を積まれれば示談に応じてしまいたくなる人もいいるようですが、ここで目先の示談金に惑わされてしまうと、前述の通りその後の後遺症などが発覚した際に自分が困ることになってしまいます。

極端な話になりますが、示談金というのは多くても数百万円台となっており、一方で後遺障害に関しては等級によって数千万単位での受け取りができるケースがあります。
またこの他にも精神的なショックに対しての慰謝料なども全てが含まれた上で最終的に示談金が決まってくるのですが、目の前に数百万円といったお金がぶら下がっているからといって、示談に応じないように気をつけなくてはなりません。
このような示談のからくり、そして基礎知識を持っているだけで、万が一交通事故の被害者になってしまった際には、適切な対応をとることができますので、損をすることがないように気をつけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする